このあいだ商店街を歩いていると、25才前後の上品な若奥さんが子供を連れて歩いていた。
おれはちょっと溜まっていたこともありむらむらしていたので、あとをつけて、自宅をつきとめてそれから1週間くらい調べ上げた。

旦那とその子供の3人暮らしで、奥さんは仕事をしていなく専業主婦で旦那の帰りはだいたい夜の8時くらいだということを。

その奥さんの感じは、ちょうど、おれの好きな 水○真紀に似ていて上品で、こんな人をおれの言うとおりにいう事を何でも聞くおれのおんなにできたら最高だと思い、レイプするチャンスをしずかにねらっていた。

そしてある日、朝7時半ごろ旦那を送り出してしばらくした頃、掃除をしていたときに宅配便のふりをしてチャイムをおした。
バッグの中に、ガムテープ・ナイフ・ビデオを持って。

奥さんの名前は、香織だ。
「○○便です」
「はーい ちょっと待ってください」

かわいい声が聞こえて香織がドアを開けた。
その瞬間 香織のおなかに突きをいれて気絶させた。

手加減したつもりだったがタイミングがよかったのかうまいぐあいに玄関にたおれこんだ。

すばやくドアを閉めて中にはいりこみ、香織をだかえて居間に運んだ。
子供が泣くといけないので、あやしてやり(結構とくいなんんだ)
別の部屋へつれていった。

居間で気を失っている香織の上品な顔をしばらくながめていたおれはこのおんなをこれからどうやっていじめてやろうかと頭のなかでいろいろと想像していると、それだけでチン○がたってきた。

おこしてしまう前に、上品な顔のそのなかですいこまれそうなかわいいくちびるにキスをした。
旦那以外に何人のおとこが、この唇に触れたのかと考えながら何度も何度も吸ってやった。

旦那が帰るまでは、まだ10時間以上あるので とことんこの上品な顔とからだをいたぶって、おれの奴隷にしたい。

そのときの香織の格好は、ピンクのシャツに薄い黄色のカーデガンと下は白のハーフミニのスカート。
こんな格好の上品な清楚なおんなが、目の前に無防備でいたら、やる事はひとつだよな。

散々かわいいくちびるをおれのくちでいたっぶたあと、黄色のカーデガンをぬがしてピンクのシャツの上から胸をちょっと揉んでみた。
大きさは85前後か、とっても柔らかい上品な顔にふさわしいさわりごこちのいい感じだ。

たまらなくなってシャツのボタンをはずしたら、真っ白のブラジャーがあらわれて、色白の胸の谷間を見たらおれのチン○は痛いくらいに勃起していた。

シャツのボタンをひきちぎって、すばらしい胸をブラジャーの上から揉みまくり、ブラジャーを脱がせて、胸をだして 触りまくった。
乳首のいろも黒くなくとってもかわいかったので指でさすったり、強く揉んだり、なめたり、30分くらい楽しんだ。

その後、もう一度キスしまくった。ほんとにかわいい。

そのあとは、いよいよ一番たのしみたいところだ。
白いハーフミニのスカートをすこし捲くってみたら、ふと腿もすごくすべすべでその感触でおれのチン○は、またおおきくなった。

我慢できなくなって腰の上までスカートを捲り上げると、薄いピンクのパンティが目の前にあらわれた。

少しレースのもようがあってとってもかわいかった。
こんなすてきなひとが、毎晩旦那とセックスをしているのかと思うと無償に腹が立ってきて、とことん苛めてやりたくなってきた。

目の前には上半身はだかで、白いハーフミニのスカートそれに靴下だけの上品な若奥様の香織が意識を失ったまま横たわっている。

そろそろ意識が戻るといけないので、騒がないように両手をガムテープで縛ってこたつの足につないで、口にもガムテープをはった。
そしてビデオをちょうどいい位置にセットして録画スタート。
水○真紀をもう少しきゃしゃにしたような清楚な顔と白い肌、子供を産んだとは思えないようなかわいい体型をもう一度抱きしめて、おれの手に余るくらいのかわいい形のむねを揉んで乳首を吸ってやった。

そして顔をじょじょに下げてすこし捲くれあがったスカートと薄いピンクのパンティに顔を近ずけた。

パンティの上から手でさわってみると、やわらかくてそしてしゃりしゃりした感触、今度は指でお○このあたりを触ってみた。

縦になぞったり、指先をおしあてたりすると何ともいえない柔らかい感触に興奮して、おれも服を脱いでジーパンもパンツも全部脱ぎ裸になった。

もう一度パンティの上からいじっていると、どうやら意識がもどったみたいだ。

目を開けておれの顔を少し見ていて、何か叫ぼうとしているようだがガムテープされているので、むぐむぐしているだけだ。

そして自分の置かれている状況が分かったらしく、からだを激しくゆすって足をばたばたさせている。

「香織さんだよね、町であんたのすがたを見かけてからずっと狙ってたんだ。子供は隣の部屋でねかせてあるからね、あんまり暴れるとどうなってもしらないよ。旦那の帰りは8時くらいだよね。ちゃんと調べてあるからね」

おれの言葉を聞いて、香織の顔から血の気が引いて、そして涙が溢れてきたようだ。

涙にくれた上品な顔を見ていると、ちょっとかわいそうな気がしてきたが、欲情は増すばかりだ。

顔を近ずけておれの舌で涙を舐めてやり、顔中にキスをしまくった。
かわいい口がガムテープで塞がれているのはちょっと残念だが、おとなしくなったら思いっきりしてやろう。
もう一度胸を揉んでやると、からだをよじって激しく抵抗しようとするが、構わずに乳首を舐めたり、指でころがしたり、揉んだりしまくった。

そしてスカートをはいたままの状態のままでパンティに手をやりいじってやった。

一生懸命抵抗しようとするが、両手を縛られた状態では、おれの欲情を増すだけの結果だ。

お○この部分を指でいじくりまわしていると、そこは少し熱くなってきた。

腰を上げてパンティを脱がそうとすると、腰を激しく動かして抵抗したが、するりと脱げたので足から抜きとって手に持ち広げて匂いをかいでみた。
これが香織のお○この匂いか、と、うっとりしていると香織は、はずかしそうな、くやしそうな顔をしていた。

さていよいよこれからが本番だ。
香織の足を少し広げて、お○こをじっくりとながめた。
毛はあまり濃くなくやわらかい、ひだはまだ開いてないので指で開けてみた。
そんなに使ってないのか体質なのか、きれいなピンク色だ。

クリトリスは小さいほうで、指でこりこりといじってみた。
そして穴に指を入れてみたら少し濡れていたので、指を入れたり出したりを繰り返すとまた濡れてきた。

抵抗がまだ激しいので、「香織さん、あんまり抵抗すると子供がどうなってもしらないよ。そうだこっちに連れてきて見せてあげようか。まだ6ヶ月くらいかな。性教育の為にお母さんのエッチな姿をみてもらおうか」というと、観念したのかおとなしくなった。

じっと目を閉じて何かを耐えているような顔をしている。
ますますいじらしくなって、今度はクリトリスを舌でやさしく舐めてやり、指でお○この穴をちゅぽちゅぽいじってやると、腰を指の動きに合わせるように動かしてきた。

顔を見ると赤みをおびてきて、興奮してきたようだ。

「香織さん 感じてるのかな だいぶ濡れてきたよ」と言うと、顔をふって違う、違うというようなふりをしたが「体は正直だよ あきらめて おれと気持ちいい事しようよ」というとますます、顔をふった。

おれは、もっと感じさせてやり、この上品な奥さんを屈服させてやろうと思い、指と舌で15分ほどいじってやると、腰を激しく振り出してきて、顔を見ると明らかに欲しがっている表情だ。

おれのち○ぽも、もう最高潮の状態で少し我慢汁が出てきたので、いよいよ入れてやる事にした。

足を思いきり開いて、ち○ぽをお○こに押し当てて、先っぽでクリトリスをいじってやると、香織はなにをされるのか分かったらしく、目を見開いて、腰を振って入れさせまいとしたが、腰をがっちり捉まれているので、無駄な抵抗だ。

ゆっくりと挿入すると、ちょうどいいくらいに濡れていてすっぽりはいった。
ものすごく気持ちよく、最高のお○こだ。
入れたり出したりしていると、ちょっとひだが当たりすごい感触だ。

今度は体を裏返してバックにして少しいじくってからまた挿入してやると、おれのち○ぽが気に入ったのか腰を合わせて振ってきた。

スカートをはいたままというのも、ほんとに犯しているようで興奮する。
まあほんとうだから、あたりまえか。

香織も激しく興奮しているようで、おれはその声を聞きたくなったが、子供が起きてしまうとまずいので、そのままでやることにした。
おれもそろそろ我慢できなくなり、もう一度性上位にしてかわいい顔をみながら発射することにした。

おれは、香織の上品でかわいい顔を見ていると我慢できなくなり、発射する事にした。

香織もほんとうに気持ちがいいらしく、腰をおれの動きに合わせてまるでおれの精液をせがんでいるみたいだ。

「香織 いくぞ たっぷりと中に出してやるぞ」
香織は、はっとした表情になり、いやいやというふうに腰をひねっておれのチンポを出そうとしたが、無駄な抵抗だ。

おれは思いっきり腰を入れてそのまま、中に出してやった。
最高の気分だ。
あまりの気持ちよさに香織をそのまましばらく抱きしめていた。

そして香織の顔を見ると、くやしいような怒った顔をしていた。
おれは口のガムテープをはずしてやり、久しぶりにかわいい口にキスしようとすると、
「あなたは誰 なぜこんなことをするの 絶対ゆるさない」
と言うので、「ゆるさないと言っても もうお前のお○こには、おれの精子がたっぷりはいっているんだし、さっきはあんなに気持ちよさそうにしていたのに」というと

「嘘 そんな事ない 嘘よ」と言ってきた。

「まあいいよ でも、香織(もう呼び捨てだ)は気がついてないかも知れないけど今までの事全部ビデオに撮って有るんだよ」といい、ビデオの方向を指差した。

すると香織は、泣き出してしまい「ひどい 悪魔」と言ってきた。
「これから香織はおれの奴隷だ 何でもいう事を聞くんだ いう事を聞かないとこのビデオを売っちゃうよ それとも、旦那の会社に送ってやろうかな どっちがいい」

香織は 「ひどい それだけはやめて 許して」 と泣きながら言うので、だったら、今からおれに奴隷になる事を誓うんだ。こう言え。
「今から 香織は あなたの言う事は 何でも聞きます 香織のお○こは あなたのチ○ポの奴隷です これからも香織にエッチな事をして 喜ばせてください」

と言いながら、ビデオを巻き戻して再生して、見せてやった。そしたらこんなの見たくない。はずかしいからやめて、お願いと言い、さっきの服従の言葉を、つまりながら言った。

じゃあこれから、第2ラウンドを始めようと言って、両手のガムテープをはがしてやり、からだを自由にしてから、もう一度さっきの言葉を両手をついてお願いしろと言うと
「お願いだから 許してください」と言うので、言う事を聞かないとどうなるか、考えてごらん。ビデオがあるんだよ と言った。

すると、香織は「それだけは許して お願い と言い、服従の言葉を繰り返した。
両手をついて、かわいい顔を上げる香織を見ていたら、またチ○ポが立ってきたので、今度は口でやらそうと思い、立ち上がり口の前にすっかり勃起したチ○ポをだしてやった。

「いやよ やめて 出来ない」と言ったが、「毎晩 旦那にしているんだろ 上手いんだろ」というと、「はずかしいからあまりした事ないの お願いやめて」というので、だったらこれからおれが教えてやろうと言い、顔をつかんで口の中に入れてやった。

「舌でペロペロなめろ 歯をたてるなと」いいながら、入れたり、出したりしながら20分位舐めさせて、玉の袋も舐めさせた。
香織も最初はいやがっていたが、だんだんと気持ちが入ってきたのか、少し顔を赤らめながら、自分からペロペロとまとわりつくように舐めてきた。

「ほんとうにフェラきらいなのか ずいぶんうっとりと舐めるじゃないか」というと「こんなの初めて ああ 言わないで はずかしい」といって、サオを色っぽい顔をして舐めてきたので、そんな表情を見てきたら またやりたくなってきた。

からだじゅうを触ってやると、最初は少しいやそうな顔をしたが、オ○コをいじってやるとからだをくねらせて、おねだりしているような顔をした。
旦那が帰るまでまだだいぶ時間がある。
あと何回できるかなと考えながら、2回目のセックスをした。

2回目のセックスだ。
こんな上品な奥さんだったらあと2回位できるかなと考えながら今度はどんな形で楽しもうかと思ったら、ちょうどからだも小さいほう(155センチ位か)なので、バックと騎上位がいいな、軽そうだからと思いからだをひっくり返して足を広げ、お○こをながめて指を入れたり、クリトリスをさすったりしていると、また感じてきたのか「あー だめ お願い」といったが、構わずにいじりまくっていると、「あー ください あなたのを入れてください」と言ってきたので、腰をつかんで思いきり入れてやったら、すごい大きな声を出したので、子供が起きるといやなので 「あんま大きな声をだすと 子供が起きちゃうよ」と言ってやると「わかりました あー」と声は小さくなった。

顔を絨毯にしずめて必死に声を出すまいと耐えている表情は、すごく悩ましくて、この女は手放せないなと思いながら、これでもか、と、つきまくったやった。

その間もかわいいむねを揉んだり、とことん激しくせめてやった。

やがて我慢できなくなっていきそうになったが、もっと楽しまなくちゃと思い、今度は香織のからだをおれのほうへむけて騎上位の態勢にしてこう言ってやった。

「もっと気持ち良くなりたかったら、おれのチ○ポに香織のお○こを入れてみろ」
といったら、もう何がなんだかわからなく完全にメスになってしまった香織は、おれのチ○ポを触ってゆっくりと自分のお○こにしずめていった。

「はあー いいー 気持ちいい」と言いながら香織は自分から激しく腰をくねらせてきれいな髪をふりみだしていた。

おれはかわいいむねを強く揉みしだいて、「香織ー 気持ちいいぞ もっと動け 香織はおれのおんなだぞ おれだけのおんなだぞー 」と言うと香織も、うなずきながら「あなたのがいい もっとして 香織はあなたのおんなです」と言い顔をおれに近ずけてキスをせがんできた。

おれはとうとう香織を自分のものにできたかと思いながら、口を吸いまくり舌も吸ってやった。
そして腰を激しく動かして、つきまくってやり2回目の射精を中にしてやった。

今度は香織はうっとりするだけで、こばまなかった。

こんな短時間であんな清楚で恥ずかしがりやの奥さんが、こんなにも変わってしまうものかと思いながら、香織の顔を眺めていると、やがて目を開けておれの顔をじっと見ていてさっきの事は忘れたように、うらめしそうな顔をしていた。

旦那が帰るまでまだ時間があるので、今度はいっしょにシャワーを浴びようと思い、むりやり手を引いて風呂場へ連れていった。

シャワーを出しながら香織のからだを抱きしめてやり、キスをしようとすると いやいやをするので左手でむねを右手でお○このあたりを触ってやった。

そして指を穴の中に入れてぐりぐりしてやると「あーん いや 」と悩ましそうな声をだしたので、もう一度キスしようとすると今度は抵抗せずにおれのするがままだった。

しばらく口とお○こを弄んだらおれは浴槽の上に腰をおろし、香織をひざまずかせて、かわいい口をおれのチ○ポに持っていき「さあ 舐めてみろ さっき教えたから、どうしたらおれが気持ち良くなるかわかっただろ」と言い、2回目のフェラをさせた。

香織はやはり頭の言いおんなのようだ。
気持ち良くさせるフェラのこつをおぼえたようで、先を少し含んだり、つばをためてチュパチュパしたり、玉を含んだりおれの気持ちのいい事を繰り返して、ときどきうっとりした目でおれの顔をみつめたり、そんな香織を見ているとまた出そうになったが、我慢した。


天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~
女性視点 人妻 熟女  強姦 レイプ  調教 フェラ 手コキ おっぱい  愛撫