俺は今までしゃがんでいた足を、腕立て伏せでもするみたいに後ろに伸ばした。
これで俺がぶち込めば、思いっきり深くまで突き刺さって、全体重がチ○ボの先に集中して、子宮を直撃する。
人妻は完全に理解したみたいで、泣きそうな顔で俺の目を見て気やがる。
でも絶対に嫌がってる顔じゃねー、てゆーか早くしてくれって言いたそうだ。

そして俺はその体位でも、また先っちょシコシコをやって焦らしまくった。
この時の女は超おもしろくてアホだ。
目がウルウルさして俺をずっと見てやがる。
そんで自分で腰を振りまくってんのに俺にバレてないって思ってる。

俺は女の顔を見つめながら、いよいよ奥までぶち込んだ!
先っぽから、ブチュブチュってゆっくり目にぶち込んで、今までに入れた事ない奥まで来た時に、女は超興奮顔しやがって、そのまま思いっきり奥まで『ブチュブチュブチュウウウウウウ』って突っ込んだら、「はああああああああ、いっ、いっ、はあああああああああああああ」って絶叫しやがった。

俺は奥までぶち当たると、そのまま全体重をかけて『グリグリ』押し込んだら、「ひいいいいい、いっ、いっ、はあああああああ、いっ、いっ、ううう、ぐううううううう、あああああああ」と大声を出して、腰がブルブル揺れはじめた。
そんで俺はそのまますげー勢いで『ドゥポォンッ!ズチュッ』と巨マラを引き抜いた!

そしたら一気に大量の潮なのかしょんべんなのか分んねーモノが噴射してきて、人妻は何が起こったのか分んないまま腰フリまくってイキまくっていた。
そんで自分でも止められないみたいで、大股広げてみっともない格好で腰振ってしょんべんを散らしまくっていた。
最初は勢い良く噴射してきたけど、すぐに『ビュッ、ビュッ』って出たり止まったりの繰り返し。
全然自分じゃ止められないみたい。

結局その女は自分の潮でビショビショになってたけど、イキすぎて気持ちいいのか、どうでもいい感じで股を広げたままぶっ倒れていた。

---

人妻の潮でビショビショになったベッドで、気持ちわりーけどしょうがなく再開した。
もう女は力が抜けてグダグダになって喘いでいるだけで抵抗がない。
俺は取り敢えず一発出しとくかって感じで、正常位で突きはじめた。

人妻は何回もイキまくってたくせに、腰振りはじめると大声で叫びだした。
最初とは違って遠慮なくデケー声出してる。
俺もイキそうになってガンガン鬼突きしまくってると、また「ああああああ、いやああああ、はぁあああああ」と叫び出して、俺の股ぐらがお湯でもかけられてるみてーに熱くなって、また潮噴いてやがった。
そんで人妻が壊れたみてーに「あぐあうううう」とか言ってイってる時に、「俺もイクぞおおおおお、ああああ、出る、中でいいな、イクぞお、ああああああ、イク、ううううううう」って勝手に思いっきり中出ししてやった。

俺もこんな状況は初めてだから、マジで興奮して思いっきり奥に大量に出してやった。
女はまだ状況が分かってない。
俺は落ちつくと、チ○ボ引き抜いて、女の顔に股がって、きたねーチ○ボを掃除させた。
でも、女の顔を股いだ時に『ブリッ』つって屁が出たのが恥ずかしかったけど、人妻はその臭い臭気の中で一生懸命俺のチ○ボをしゃぶっていた。
こんなバカな人妻がいるのがウケる。
まさかよりによって俺にカマほるなんて、新年早々ついてない女だ。
しかも俺が一番溜まってる時にきやがって。

そんで俺は横のソファーで一服して女を見ていた。
たぶん10分はそのまま横になっていたけど、そのうち起き上がってきて、俺に背中を向けて自分のアソコを触っていた。
そして「はぁ」って小さくタメ息をついて、こっちをチラっと睨み付けた。
なんかスゲー軽蔑するような感じで見てきやがった。
そんでそのままかなり怒ったまま、風呂場に直行して、シャワーで洗ってるみたいだった。

俺は今日は終りでいいかと思ってたけど、なんかその態度でムカついちゃって、俺も風呂場に追い掛けていってやった!
人妻はマジで嫌な顔をして、「いやあ、何ですか!もういいでしょ!出てって下さい、ちょっ、さわんないで!いやあ」って抵抗しまくってた。

でも俺は関係なく巨乳をガンガン揉みまくって、無言でバスタブに手を突かせて、立ちバックでまた挿入してやった。
さっきのマン汁が残ってっから、ヌルッてすぐに飲み込んで、ガンガン突きまくってやった。
女はスゲー怒りの抵抗をしてたけど、段々声がアエギ声に変わっていった。
「いやああ、やめてよ、あっ、もうおわっ、あっ、いやあああ、はああ、ダメっ、やっ、あああああ、いやああああああ」

しばらくしたら全然抵抗出来なくなって、ガックガクに力が抜けて、バスタブに突いていた手の力が抜けて、何度も頭を打ちそうになってやがった。
無理矢理やられてるくせに、チ○ボぶち込んだら感じて動けないのを見て、マジで女は簡単だなって思った。

今度は俺も最初から興奮しまくりだったから、「ゼッテー中出ししてやるからな!お前なんかゼッテー妊娠させてやらぁ!」と吠えまくった。
女は「いやあああ、ああっ、ほんとにっ、あああ、ダメ、いやあああ、あんっ、はぁあああ、うぐううう、ああ」とブルブル震えながらも言葉だけは抵抗していた。
でも結局体はいう事をきかないから、逃げようともできないまま、俺はガンガン追い込んだ。

でも何だかんだで3回も女はイってやがった。
そして俺は今日2発目の新鮮なザーメンを思いっきり中に送り込んでやった。
女はダメダメ言ってたけど、射精した瞬間、同時にイキやがった。

俺は先に風呂からあがってまた一服してると、さっきよりも怒った顔で女が出てきた。
そして偉そうに、「妊娠したらどうするんですか?いい加減な事はしないで下さい!あなただって子供じゃないんだから!」って説教じみた感じで怒鳴ってきやがった。

俺はマジでムカついて、『こいつ便所のくせに偉そうにしてんなよ』って感じで、またベッド吹っ飛ばして、バックで犯してやった。
この怒ってる女を押さえ付けて犯すパターンがマジで興奮して、最高にギンギンにおっ立つ!
さすがに風呂上がりでマ○コも乾いてると思いきや、すぐに濡れてきて、超バカにしながら突っ込んでやった!
「お前ギャグでやってんの?マ○コヌルヌルじゃん!」って言ったらすげー赤い顔でベッドに伏せちまった。

その後も必死で声を我慢してたけど、2回もイキやがって、俺はまた中に出してやった。
そうやって、偉そうに言いたい事言うと、すぐに犯すっていうのを教育してやった。
女は何も言わなくなって、小さい声で「もう帰して下さい・・・」と言って泣き出した。
まぁ俺も旦那にバレたらやっかいだから、その日は車ですぐに送ってやって、女の車まで戻った。

俺は帰り際に、車の中で、「キスしたら帰してやる」って言い出して、強引に女にキスをさせた。
俺はマジの超エロディープをかまして、マジで10分以上キスしまくった。
女は最後の方は、俺の方にしがみつく素振りも見せてきて、若干落ちはじめてるのを感じた。
そしてもちろん連絡先を交換して別れたけど、人妻は、「絶対にこれで最後にして下さい・・・」って強い表情で帰っていった。

そして正月休み明けの、次の連休前の夜に俺は、さっそく女を呼び出した。
一言メールで『今すぐマ○コ使わせろ』って書いて、待ち合わせ場所を入れると、『もう止めて下さい、お願いします。』って返ってきたけど、ずっと無視して待ち合わせ場所で待ってると、女は現われた。

結局その日は旦那が早く帰ってくる理由で断念したけど、次の日の日中は、旦那が仕事だから、昼間から呼び出して、シコタマ使いまくってやった。
もう2度目だから、若干女も開き直って楽しんでる様子もあった。

でも今は、4回目の呼び出しなのに、自分から『マ○コ使って下さい』って言うようになった。

天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~
女性視点 人妻 熟女  寝取り 寝取られ  強姦 レイプ  調教