屈辱レイプ体験談 強姦絶頂

卑劣なレイプ…そのとき女性は… レイプされた女性の体験談を赤裸々に掲載!抵抗し泣きじゃくる女に挿入する卑劣な男…激しく抵抗してるのに絶頂が… そんな女性たちの生の声をお聞きください。

屈辱レイプ体験談 強姦絶頂 イメージ画像
屈辱なのに…抵抗してるのに なんで声が漏れて…なんで濡れて…しまうの?






大人気動画!!抜ける濡れる動画が見放題!!

あなたの好みの物語が!!電子書籍!!

更新情報

今は社会人ですが、高の頃電車で痴漢にあいました。私は女子校でセーラー服で当時は男に免疫が全くありませんでした。まだ女性専用がなく通勤ラッシュのため人というよりオジサン達ばかりな車内でした。丁度今くらいの季節でした。プレーヤーで音楽を聴いてると、スカートご

家族ぐるみの付き合いをしている友人の妻、Y子(32歳)を犯してしまいました。Y子とは、たまにメールをしていて、『いい人』だと思われていたと思います。今月の初め、仕事が平日休みの俺は、『明日は休みだから遊びに行こうか』とY子にメールをしたら、『タンスを動か

その時の私は女子大の1年生で、バージンでした。キスもまだしたことない、ちょっと奥手なぐらいの女の子でした。その私が夏休みに初めてアルバイトして、4つ年上の工学部の4年生の男性と知り合いました。まだ別に彼になったとかじゃなく、友達の一人として。性欲ももんが

私は20代のOLです。私の会社に出入りしている営業マンで、見た目はとても爽やかな人がいました。私は結構、好意を持っていたんです。ある日、私は、その人に声を掛けられて飲みに誘われました。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 その人

私は都内でOLをしています。同じ職場に(部署は違いますが)3つ上の彼がいます。彼は優しく、とても私を大事にしてくれます。彼といると、とても穏やかな気持ちになれます。ある日、彼が、「同僚と飲みに行くから由美もおいで」って言ってくれて、出掛けたんです。性欲も

先週の土曜日、学校が休みにも関わらずクラブの用事で高校まで行きました。昼には用事も終わり、いつものように電車で帰るつもりでしたが、友達が家族に迎えに来てもらっているのを見て、一人で帰るのも淋しく思い、私も家に電話をしてみました。性欲ももんが まとめにゅー

深夜のドライブ中、何度も強引に追い越しては前につけるワゴン車がいました。運転していた彼がキレて、信号待ちになった時、その車に向かって怒鳴りながら車を降りて歩いて行きました。すると、そのワゴン車から4人の男が出て、彼とすぐに揉みあいになりました。性欲ももん

町の公民館主催、日本舞踊サークルの先輩二人と某温泉に行った時の忘れられない体験です。私(23歳)、Sさん(28歳)、Kさん(31歳)の3人ですが、私以外は結婚しています。夜の10時過ぎ、全員が浴場からあがった後、脱衣場で裸のままお互いのお肌のお手入れなど

大学院に通う学生です。私は、今年の夏、テニスのサマースクールに参加していたんですが、その最終日の打ち上げでの出来事でした。最後ということもあって、その日は少し頑張りすぎたせいもあり、喉がカラカラに乾いていた私は、周りの人に勧められるままにビールやワインを

会社もクビになり、漫喫生活する金もなくなり途方に暮れていたある日のことでした。人気のない道をボーっと歩いていたら曲がり角にある家の窓の鍵が閉まってないことに気が付きました。僕は2日も水しか飲んでなかったので空腹で死にそうでした。何か食べる物だけ…そう思って

「ふごごごー!」 悲鳴を上げたつもりが変な声しか出ません。「なんで?」と思いましたが、すぐに舌の感覚?で口にピンポン球に穴があいたようなモノを入れられているのが判りました。体が痛い理由も判りました。パイプベットに両手を繋がれ、両足は片方づつの膝をロープで縛

私はバカでした。レイプにあこがれていました。沢山の男性に無理やり一晩中やられたら、どんなに気持ちいいんだろう。レディースコミックを読みながら自慰してました。ノーマルな彼氏には言えず、悶々としてました。去年の夏に出会い系サイトで話した男性に自分の考えている

もう3年も前の話になります。その日、私(33歳)は夫(39歳)と息子(7歳)を送り出し、掃除をしていました。電話の音に気づき、出ると夫からでした。焦る様な声で、「事故を起こしてしまった・・・すまないが病院へ行ってくれ」と言われ、指定された病院へ向かったん

それは4年前、僕がまだ小学校3年生の時でした。姉(当時、小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが勉強や行儀には厳しい人でした。夏休みでもラジオ体操が終わって帰ると、「午前中は勉強しなさい」と宿題をや

主人が、単身赴任になってしまいました。中途半端に独身に戻ったような気持ちでした。毎日、一人での夕食は味気ないものでしたが、時々お隣の奥さんに昼食に誘われるようになりました。40近い方で、私より2~3歳上の方でしたので親しみやすい感じがしました。性欲ももん

ついにやらされました。私は19歳の新入女子大生です。私は某大学の女子剣道部に所属して毎日稽古を頑張っています。でも、私の剣道部は普通ではないのです。よく男子ラグビー部のレイプ事件などを聞きますが、私達も実は男性を集団逆レイプをしています。性欲ももんが ま

僕の童貞喪失は中2の時で、相手はハーフで巨乳美女の保健の先生。場所は保健室でした。保健委員会の委員長していた僕は放課後、保健室で先生と学期目標をどうするかで話していました。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 すると話が横道にそ

訪問介護の仕事をしていたのですが、あるお宅へ伺った時にエッチなレイプ体験をしました。介護に向かった先はかなり大きなお屋敷で、和室でおじいさんの身体を拭いてあげたりしていると、いきなり隣の部屋の障子がスーッと開いたのです。ふと顔を上げると若い男性が何人か立

俺が中3の頃、同じ地区に住む少しヤバそうなおやじが俺の母親に目をつけていた。そいつの素性は未だにはっきりとは知らないのだが、当時は確かちょっとボロい一軒家に一人暮らしをしていて、画家だとか小説家だとかという噂だった。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性

学生時代の話だが、Kという友人がいた。ある日、「部屋で飲んでるから来ないか?」とKから電話が入った。AV鑑賞会をしようと言うので、ノリノリで酒と摘みを持って彼の部屋に行くと、既に部屋には空き缶が散乱していて、Kはだいぶ出来上がっていた。性欲ももんが まと

これは、10年前に実際に起こった話です。俺は専門学校の夏休みを利用して短期のアルバイトを探していた。免許を取り立てという事もあり、車に乗れる仕事を中心的に探していた。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性欲女子 そんな時、見つけたのが製

結構最近の話です。私はその日、夜遅くまでパソコンを弄って友達と話していました。お父さんが寝室のドアを開ける音を聞き、もうそんな時間かとお風呂へ向かいました。私が部屋から出ると隣から賑やか、かつ騒がしい声が聞こえます。兄の部活の人達が来ているのです。性欲も

私は大手企業で働いている24歳のOLです。毎日毎日会社と家の往復。同じ作業に同じメンツとのランチ。平凡な毎日、つまらない毎日を過ごしていました。私の部署は34階フロアにあります。38階もある高層ビルです。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体

あの忌まわしい事件から2年が経とうとしている。ちょうど9月の半ばだったか、夜の8時過ぎに高校生の子供からクラブ活動が遅くなったのと小雨が降ってきたので学校まで迎えに来て欲しいと電話があった。俺はビールを数本飲んでたので妻が迎えに出掛けた。「またそんな格好

去年、久しぶりに夫婦で温泉へ行った時の話。普段は子供たちがいるので一緒にお風呂にも入ることが無く、久しぶりで貸し切り露天風呂を借りて入りました。私45歳、妻41歳。久しぶりに明るいところで妻の裸を見ると、ついムラムラしてしまい、体を洗うより妻の裸に手がい

去年の夏の事です。去年の春からウチに入社して俺がいる部署に配属されたKという子がいます。高卒ですが身長150cmで、部活焼けした健康美っていう感じで、オジサマ連中には娘のように可愛いがられています。性欲ももんが まとめにゅーす速報 女性視点エッチ体験談 性

3年くらい前の事です。その当時、彼と別れたばかりだった私は、ナンパで和成と知り合いました。早く元彼の事を忘れたくて、和成と遊ぶようになりました。ある日、和成から、「うちに遊びに来ない?」と言われて、初めて和成の家に遊びに行ったんです。それが間違いでした。

大学時代の友人達の飲み会で、親友のBが俺の緊縛趣味を暴露しやがった。そもそも親友のBにだけ、縛り趣味をカミングアウトしていたのに。よりによって女友達も3人いる飲み会で、酔った勢いでお調子者のBが俺の緊縛趣味を告白しやがった。その瞬間、顔面蒼白。性欲ももん

私の夫はプログラマーで毎日不規則な生活をしています。たまに早く帰ってこれる日があるかと思うと、2、3日帰れない日々が続いたりとめまぐるしい毎日。3月頃になってようやく一段落したらしいのですが、今度は現地に行かされるかもしれないと言い出しました。プログラマ

自分で言うのもなんですけど、私って教育ママだったんです。息子をどうしても私立の有名中学に入学させたくて。今日も朝から塾で追い込み授業を受けて、息子は必死に毎日勉強しています。塾の他に家庭教師も雇って家族一丸で頑張ってたんですけど・・・。でも私は5年ほど前

↑このページのトップヘ